海 写真・水中写真 | 無料壁紙&フリー素材屋さん世界各地で撮影した海の写真や水中写真等を紹介、壁紙やウェブ用素材として無料でダウンロード。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

人物 シルエット

   ↑  2012/09/03 (月)  カテゴリー: 人気の写真
恩納村の「青の洞窟」と呼ばれるスポットがある真栄田岬。

真栄田岬の南側の浜にはタイドプールがいくつも存在する自然のプールがある。
沖縄方言で「ガマ」と呼ばれる、石灰岩で形成された鍾乳洞もある。

撮影地 恩納村 真栄田岬



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 海 写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-507.html

2012/09/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

リュウキュウハタンポの幼魚 青の洞窟

   ↑  2012/06/28 (木)  カテゴリー: 人気の写真
リュウキュウハタンポはハタンポ科の魚。
英名はSilver sweeperと呼ばれ、銀色のそうじ人という意味。

通常は夜行性で昼間は薄暗い岩陰に潜んでいる。
洞窟など薄暗い環境の場所も好む。

成魚で体長10センチほど。大きな群れを造り、外敵から身を守る。

目が大きく、体高は高く、背鰭は体のほぼ中央にある。
胸鰭基部に明瞭な黒斑があること、腹鰭前方に隆起線が無いことでよく似たミナミハタンポやミエハタンポと区別することができる。

撮影地 青の洞窟



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-502.html

2012/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

バブルリング 作り方

   ↑  2012/06/01 (金)  カテゴリー: 人気の写真
バブルリングは内側から外側への回転の力でリングの形状を保つことができる。
空気が膨張することでリングが大きく成長していく。

バブルリングの作り方は、まず波や流れによる水の影響の少ない場所を選ぶ。
水底へ潜り仰向けになり、水面に向いて安定した姿勢を保つ。
水面と平行の向きになるようクチビルを向ける。
ほほが少しふくらむくらい口の中に空気をため、クチビルの力を抜いて、水面に向けてポッと空気をはき出す。
空気をはき出したら、クチビルを閉じる時は、空気の輪にスピンをかけるよう速く閉じることにより輪がよりきれいな形になる。

撮影地 沖縄 恩納村

バブルリング 作り方



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-497.html

2012/06/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青の洞窟

   ↑  2012/01/10 (火)  カテゴリー: 人気の写真
恩納村の青の洞窟は地元では「クマヤーガマ」と呼ばれ、かつては台風の時や荒天時などに漁師がサバニとよばれる手こぎの船を荒波から守る場所として利用されていた。

洞窟は岬の岩壁にあいたトンネル状の鍾乳洞。半水面になっており、水面からでも水中からでも楽しむことが出来る。
洞窟の奥行きは約60メートルほどあり、水面から洞窟の天井までは4メートル~6メートルほど、水中の水深は5メートル~8メートルほど。

洞窟の入り口から太陽光が差し込み、透明度の高い海水を通過して海底の石灰質を含んだ白い砂地に反射した光が暗い洞窟内の海水面から抜け、それが海底からライトアップされたような効果となり、入り口付近の海水を青い光で満たす仕組みになっているため、洞窟全体が青く染まる。

冬場の時期は特に透明度が上がり、天気の良い日は洞窟入り口付近に強い光が差し込む。

撮影地 沖縄本島 青の洞窟

青の洞窟でライセンス取得の 沖縄 ダイビングライセンス.net はこちらから



FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-483.html

2012/01/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ダイバーと魚のシルエット

   ↑  2011/12/12 (月)  カテゴリー: 人気の写真
水中で写真を撮る際、岩陰や洞窟など暗い環境でフラッシュを焚くと、水の中に生息するプランクトンなどが写りこんでしまう。
景色などを撮りたい場合は発光禁止で手ブレしないように撮るとシルエットで撮ることができる。
被写体にカメラを寄せて、水を少なくし撮影をすることもできる。

撮影地 沖縄本島 崎本部



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-479.html

2011/12/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。