海 写真・水中写真 | 無料壁紙&フリー素材屋さん世界各地で撮影した海の写真や水中写真等を紹介、壁紙やウェブ用素材として無料でダウンロード。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

スザクサラサエビ

   ↑  2012/10/29 (月)  カテゴリー: エビ
スザクサラサエビはサラサエビ科のエビ。
体長は5センチ前後。

岩の亀裂や岩陰などに生息する。
体全体に赤色と白色の縞模様が入る。頭胸甲後縁の白線と、第3腹節の頂から入る白線が逆「ハ」の字になる事で近似種と区別できる。

魚をクリーニングするクリーニングシュリンプで、指を差し出すとクリーニングしてくれることもある。
仲間にはサラサエビ、ヤイトサラサエビなどがいる。

撮影地 沖縄 水納島 マーメイド

スザクサラサエビ


他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-513.html

2012/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アカホシカクレエビ

   ↑  2012/06/21 (木)  カテゴリー: エビ
アカホシカクレエビはホンカクレエビ属のテナガエビ。
近似種にニセアカホシカクレエビというエビもいる。

シマキッカイソギンチャクに付いてることが多く、スナイソギンチャクやグビジンイソギンチャクなどにも共生する。

透明な体長3センチほどのエビ。

第三腹節の頂に白い大きな斑紋が入り、成体ではこの斑紋の前半部分に細い淡紫色が混じる。
若い個体は黄色の縁取りのある赤紫色の斑紋。

尾部の尾先は白色で、紫色の模様が入る。
第二鋏脚は白色で、紫の縞が入るが、ニセアカホシカクレエビのほうが紫縞は細い。

眼柄は持ち上がり、眼柄と眼柄の間に白ラインは入ることでニセアカホシカクレエビとの区別が付く。

撮影地 恩納村 山田ポイント



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-500.html

2012/06/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

オオアカホシサンゴガニ

   ↑  2012/06/01 (金)  カテゴリー: カニ
オオアカホシサンゴガニはサンゴガニ科、サンゴガニ属のカニ。
英名はレッドスポテッド・コーラルクラブ(Red-spotted coral-crab)と呼ばれる。

ミドリイシやハナヤサイサンゴ等の枝の間を住処にする1センチ~2センチほどのカニ。

極淡いクリーム地に細かい赤い斑紋が無数に入る、大変美しいサンゴガニ。
甲に入る赤い斑紋は、成体では200にも達する。

撮影地 恩納村 ホーシュー



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-498.html

2012/06/01 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

シオマネキ 潮招き

   ↑  2011/11/24 (木)  カテゴリー: カニ
シオマネキは漢字で書くと「潮招き」と書き、エビ目(十脚目)・スナガニ科・シオマネキ属に分類されるカニの総称。
オスの片方の鋏脚(はさみ)が大きくなることで知られる分類。

熱帯・亜熱帯地域の、河口付近の海岸に巣穴を掘って生息する。
種類ごとに好みの底質があり、干潟・マングローブ・砂浜・転石帯でそれぞれ異なる種類が生息する。

成体のオスは片方の鋏脚が甲羅と同じくらいまで大きくなるのが特徴で、極端な性的二形のためオスとメスは簡単に区別がつく。鋏脚は個体によって「利き腕」がちがい、右が大きい個体もいれば左が大きい個体もいる。

生息地ではオス達が大きな鋏脚を振る「ウェービング(waving)」と呼ばれる求愛行動が見られる。
和名「シオマネキ」は、この動作が「潮が早く満ちてくるように招いている」ように見えるためについたものである。

撮影地 沖縄本島 恩納村



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 海 写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-475.html

2011/11/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ゴシキエビ 五色蝦

   ↑  2011/10/14 (金)  カテゴリー: エビ
ゴシキエビ(五色蝦)はイセエビ科に属する美しいエビ。
房総半島沿岸から南太平洋、インド洋まで広く分布するが、暖海性の外洋種で、沖縄諸島でもあまり多くない。
浅海の珊瑚礁、岩礁域の岩穴などに生息する。

夜行性で、昼間は岩穴に潜んでいて、夜になると獲物を求めて歩き回る。肉食性で、貝類やウニ、小動物を捕食するが、海藻を食べることもある。顎は頑丈な臼状で、貝類などを割って中身を食べる。

体色は紫青色で、白色の不規則な縞(しま)模様があり、胸脚(きょうきゃく)には4本の白色縦線がある。
また、腹の節ごとに青緑色のグラデーションで、黄色い縁取りがある。

歩脚には淡黄色の縦縞、更に、第2触角の根元はピンク色をしている。

体長35センチメートルに達するが、個体数が少ないうえ色が大変綺麗なので、鑑賞用に利用されることが多い。

撮影地 沖縄本島 石切



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-471.html

2011/10/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。