海 写真・水中写真 | 無料壁紙&フリー素材屋さん世界各地で撮影した海の写真や水中写真等を紹介、壁紙やウェブ用素材として無料でダウンロード。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

トウアカクマノミ

   ↑  2012/04/26 (木)  カテゴリー: クマノミ
スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科のトウアカクマノミ。
和名の由来は頭(トウ)が赤い(アカ)クマノミということからトウアカクマノミと呼ばれている。
日本に生息するクマノミのなかでは最も珍しい種として知られる。

全長は15cmほど。西太平洋の熱帯域に分布する。
主にイボハタゴイソギンチャクと共生し、宿主ともどもやや内湾性の環境を好む。

体が黒又は暗褐色で、 頭部背縁から目の後縁を通る幅広い白色横帯と体側中央の背部から背鰭軟条部にかけて大きな白色班があることが大きな特徴。

又、クマノミのなかでもとても気が強い種である。

撮影地 沖縄 山田ポイント



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-492.html

2012/04/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

セジロクマノミ Orange anemonefish

   ↑  2012/01/18 (水)  カテゴリー: クマノミ
日本に生息するクマノミの仲間、セジロクマノミ。

英名は、Orange anemonefish (Orange = オレンジ anemone = イソギンチャク)
英名の由来の通り、体色はオレンジ色。

他のクマノミと同じく、サンゴ礁域の礁湖、礁斜面、ドロップオフなど、潮通しの良い外リーフに生息する。

和名のセジロは背中の鮮やかな白い口まで達する縦帯が由来。
同じく日本に生息するハナビラクマノミとの違いは、鰓蓋を通る白い横帯がないことで区別できる。

ハタゴ系のイソギンチャクを好んで共生するが他のイソギンチャクとも共生する。

撮影地 沖縄本島 山田ポイント



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-485.html

2012/01/18 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハナビラクマノミ Pink anemonefish

   ↑  2011/12/12 (月)  カテゴリー: クマノミ
日本に生息するクマノミの仲間、ハナビラクマノミ。
英名は、Pink anemonefish (Pink = ピンク anemone = イソギンチャク)

サンゴ礁域の礁湖、礁斜面、ドロップオフなど、潮通しの良い外リーフに生息する。

体色はセジロクマノミやスカンクアネモネフィッシュよりもオレンジ色が淡く、ピンク色に近い。
スカンクアネモネフィッシュに鰓蓋を通る白い横帯を加えた感じである。
他のクマノミに比べると、小型の種で5センチ~10センチほど。

シライトイソギンチャク、センジュイソギンチャク、ハタゴイソギンチャクと共生する。

撮影地 沖縄本島 山田ポイント



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-478.html

2011/12/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

クマノミ(隈魚、熊の実)

   ↑  2010/12/11 (土)  カテゴリー: クマノミ
クマノミ(隈魚、熊の実)は、スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科に属する魚の総称。
鮮やかな体色、イソギンチャクとの共生、性転換等の変わった特徴を多く持つ魚で、鑑賞用に飼育されることも多い魚。

日本には6種のクマノミが生息する。
そのなかでも代表的なのがクマノミ(Amphiprion clarkii)で全長12cmほど。

インド太平洋の熱帯域に分布し、サンゴイソギンチャク、ジュズダマイソギンチャク等と共生。
体の上半分は黒く、頭部・胴・尾鰭つけ根に計3本の白い横帯が入る。
尾鰭は三角形に近く、オスは橙色だがメスは白色。

撮影地 沖縄本島 水釜



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-449.html

2010/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

カクレクマノミ

   ↑  2010/10/25 (月)  カテゴリー: クマノミ
日本に生息するクマノミは6種。

その中でもこのカクレクマノミ(学名:Amphiprion ocellaris)は、映画『ファインディング・ニモ』(2003年)に登場するキャラクターのモチーフとなり、一躍有名になった。
しかしこの影響で観賞用のための乱獲が起こり、共生相手のサンゴイソギンチャク類と共に激減している。

ほかのクマノミ類に比べると細長い体つきをしている。
オレンジ色の体に3本の白い帯と黒いひれがあり、成長すると体長は8センチメートルほどになる。

撮影地 沖縄本島 砂辺NO1



他にも水中写真や写真ブログのサイトに訪問したい方は 日本ブログ村の水中写真ブログランキング
FC2ブログの水中写真ブログが多数エントリーしている FC2ブログの水中写真ブログランキング

FC2スレッドテーマ : 水中写真 (ジャンル : 写真

(記事編集) http://sora0922.blog57.fc2.com/blog-entry-441.html

2010/10/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。